三枝 雄輔
YUSKE SAEGUSA

1980年4月12日東京都出身


フラメンコを教える母に、女手一つで育てられる。そんな母に、12歳の時「サッカー選手になりたいからスペインに行かせてほしい」と頼み単身渡西。サッカー選手になる夢は一年で挫折、遊び呆ける。こうして多感な青年期をスペイン・バレンシアで暮らす。

音楽・ダンスとはまったく無縁だったが帰国後21歳、日本で活動するスペイン人ダンサー、ベニート・ガルシアの踊りに魅せられ、初めてフラメンコを始める。スペイン・セビージャにてファルキートの踊りに感動し、本格的に向き合いはじめる。

現在は、日本だけではなくスペイン現地でもライブ活動を行っている。リズムを手拍子で作り出すパルメーロとしても活躍中。日本人離れした感性で国内外の様々なアーティストから高い評価を得ている。だが本物のフラメンコ芸術には程遠く、そこに近づくために日々研究中。

2005年8月 日本フラメンコ協会新人公演にて奨励賞を受賞
2006年9月 文化庁海外留学派遣制度の研修員として2年間渡西
2008年7月 スペイン バレンシア州カステジョン県フラメンコ・コンクール優勝


~ フラメンコ ~

“生きてる”
と確認できること

嬉しいから
悲しいから
幸せだから
不幸だから

尊敬しているから
大好きだから

フラメンコを唄う
フラメンコを奏でる
フラメンコを踊る

痛くて苦しいからね


Story#01
” 鈴木 眞澄
〜産んでくれた人〜
Story#01
BENITO GARCIA
〜扉を開けてくれた人〜
Story#01
” FARRUQUITO
〜人生を賭けたいと思わせてくれた人〜
Story#01
” ORUCO
〜強くしてくれた人〜
Story#01
” TOROMBO
〜気づかせてくれた人〜
Story#01
” FARAONA
〜近づかせてくれた人〜